Something Beautiful

バラはバラになろうとしている

岩は岩になろうとしている

日本の松を見たことはある?

面白い形をしているんだ。

宇宙が誕生した根源的なエネルギー、

生命に宿る神秘の力が

この世に生きとし生けるものすべてに

あなたに、私に、宿っている。

ぽっかり心に空いた穴に、新たな息吹。

宇宙が始まるビッグバンの衝撃でもって

魂が揺り動かされたいつかのこと。

いつも誰かの言葉に救われて生きてきた。

言葉と共に生きてきた。

言葉を求めて生きてきた。

しかし、それなりに蓄積したはずの言葉もすぐに枯渇する。言葉を求むる力すら失うこともある。精神は身体と切り離せず、時間は流動性を排除できない。どうにも疲弊して、気力も体力も失われる。

だが時に、過去の自分の言葉に救われることもあるらしい。

たとえば写真を見たとき、何かの香りを嗅いだとき、ふと当時の感覚が蘇ることがある。鮮明な体感の記憶…記憶の細胞が、タイムマシンで現在の自分へと移植される。セルフタイムマシン、インナータイムマシン?インナータイムマシンで移植された記憶細胞は、分裂する。

いつしか、ふつふつと沸く命のエネルギー。

書いたときの記憶はまるでないが、確かに書き留められていたメモを見つける。今に至るまで残る己の言葉には、手離したい未熟なものから、遠い誰かが残したもののように響く、悪くないと思えるものもある。いつも現時点からの眺めだけれど。そのようにして、このメモはまたいつか、未来の私を癒すことがあるだろうか。それとも、未来の私によって容赦なく削除されるだろうか。

人が作り出したものはすべて、その人のクローンのようなものと想像してみるとなかなか面白い。クローンで溢れる世界、日常的にクローンだらけの世界で人々が交流する世の中を想像し、映画のワンシーンを描いてみよう。

-MEMO-

言葉を使ってコミュニケートできない対象、目に見えない想いや願いといったものを、色鮮やかに、自由に美しく瞳のなかに描き出し、その風景と共に生きることを、私は芸術と呼びたい。

何もない暗闇のなかに輝く星々を見つけ、或いは、暗闇そのものにエネルギーを見つけられる人を、芸術家と呼びたい。

そして、そう生きることは孤独ではない、と言いたい。

インナータイムマシンで記憶細胞移植

嬉しいこと、嫌なこと、たくさんある

心の輪郭が見えるようになってくる

嬉しいことがあると、元気が湧く

嫌なことがあると、美しいものが増える

美しいものが増えれば、やがて嬉しいことが訪れる

私の幸福論は美のアマウント

”犬の感動的なまなざし”

そうして感謝が増えていく

感謝に満ちて幸せになる

苦しい時に見つけたいのは感謝できること

自分を救ってくれる何かを見つけられなくとも

自分が大切にしたい何かは見つけられる

感謝したいことなら見つけられる

自分から離れて、宇宙の果てまでいってみる

それから還ってくればいい

そよぐ風も、暖かな陽射しも、恵みの雨も、あなたのために注いでいる

私のために注いでいる

あのひとに、誰かに、おんなじに注いでる

あなたのため、あのひとのため、私のため

それでよし

それでよし。

​勝手にカタルシス

ふと幼い頃を思い出し、笑ってしまう。「つもり」でやれば実現できると思っていたあの輝き。「修行」のこころを知らずとも、修行のつもりで念じ続ければドラゴンボールの悟空のように舞空術を会得できたり、金斗雲を呼べたり、或いは魔女のキキみたいにほうき(デッキブラシ)で空を飛べる、と真剣に念じてみる。実際どう念じていたのかは説明もつかないが、強くイメージしようと試みる。結局、飛べはしないのだが…。ただ、飛ぶことについては「飛んだつもり」にしなかったから、のちに彼の麻原氏が飛んだとする写真を見た時には、ジャンプしていると瞬時に判断をした。空を飛ぶには他の方法がある。

小学校も高学年になった頃、なぜかタロット占いに憧れ、ひとり訳もなくタロットカード占いをしたことがある。本屋さんでタロットカードを手に入れると、ジプシー世界に仲間入りした気分だった。が、死神のカードが出ると、何かとても悪いことをしたような気持ちになってすぐにやめた。

いのまたむつみさんの絵に惹かれて、ファンタジー小説もよく読んだ。風の大陸や精霊ルビス伝説にハマった。何度も絵を真似て描いた。風の大陸は、好きだったルソーの「眠れるジプシー女」の世界観を彷彿とさせ、物語に浸るのは楽しかった。しばらくすると、ミュシャやガレ、象徴主義、ラファエル前派の世界に惹かれていった。

前後するが、小学校低学年の頃か、図書館で初めてクリムトの「接吻を見て目が離せなくなった鮮明な記憶がある。融解していく2人を取り巻く黄金の闇。それまで金色は、絵具のなかでも特別で、各段に偉かった。明るさしかないと思っていた金色が、吸い込まれるような暗い空間にたゆたう…惹きつけられた。

二十歳も過ぎると多少知識も増えてきて、辿ってきた点と点を線でつなげるようになる。一体私は何に惹かれ、どこへ向かっているのか。

国立西洋美術館にウィンスロップ・コレクションが来た時は、念願のギュスターヴ・モローの「出現」を観に行った。しかし本物はイメージを超えることがなかった。自分は何も見ていなかったことを知る。見たいものを投影してきたに過ぎない。以降、作品や作家をありのまま見たいと意識を持つようになった。己の表現と切り離して純粋に作品に触れられるようになりたいと願うように。モローの素晴らしさも、この後触れられたように思う。今もう一度、出現を見たい。

加山又造の作品に出会うと、クリムトの黄金の闇が甦った。アメリカ留学から戻って薩摩琵琶に傾倒していった理由、神楽や能への憧れも含め、点と線の行方にはエロスとタナトス、幽玄の世界があることを知る。誰しもが背負う死の運命。生と死。陰陽に分裂する時のゆらぎ。生まれようとする生命のゆらぎ。生きようとする声。声の振動に生のエロスは出でると、いつからか感じていたのだろう。

アメリカに渡って歌を学び始めて、私は表現の自由を失った。メソッドを学び始めるため、それまでの声の出し方を捨て、ゼロから出発した。不自由になった。20年かけてやっとの思いで少しずつ自由を獲得してきた。しかしまだまだ不自由で、備わっていたはずの天然の自由を生涯取り戻せない気がして、喪失感に苛まれたこともある。だからこそ、レッスンを受けて下さる方には私が学んだメソッドを勧めない。表現に正解はない。現状にプラスしていく、個性を伸ばすようにガイドしたい、と強く思う。何のために歌うのか。今ここにある命、魂を歌わずして何になろう。

私はこのまま進む。間違いだったとは思わない。素晴らしい出会いがあったから。

1mmずつの自由の獲得、このささやかな人生のうち一体どこまで辿り着けるだろう。音楽はコミュニケーションだから出会いにも因るだろう。日々の生活を慈しみながらどこまでたどり着けるのか、いささか絶望的に心に思う。けれども、真善美の追求にエロスは出でると信じている。点と線の先で命は声を上げる。声の余韻は揺らいで空を泳いでいく。道は続く。

​人と人のつながり

人と人のつながりというのはひどく不思議で、時に、初めて会ったはずが、"旧知の仲"であったかのような安心感やつながりを感じることがある。まるで、その関係はずっと前から成り立っていて近くにあったかのように。

さて、この関係というもの、出会っても出会わなくとも、二人の間に成り立つ関係性は変わらず存在するとしたらどうだろうか。もしも、運命のいたずらで二人が出会えなかったとしたら…その関係性は「無い/存在しない」ことになってしまうのか?

ひまわりで有名なゴッホ。彼は生前、時を越え世界中の人々の心を震わせることを一時も感じなかっただろうか。宮沢賢治は、夜空の星々を眺めながら、未来に多くの友が両手を広げて待つことを予感しなかっただろうか。

過ぎし日、こうして思いを馳せては、最後にはいつも「感じていたはず」と確信を抱いた。それが、意識に宿る一瞬の輝きだったとしても、きっと人々とのつながりを感じただろうと。願望に過ぎないかもしれないが、やはり今もそう思う。

私たちは、星の数ほどの間接的な出会いがあることを知っている。歴史をさかのぼって誰かを慈しみ、想い、尊ぶ。直接会うことはない誰かの作品に影響を受け、救われることもある。人は強烈に影響し合って世界は動いていく。時間や場所、時空を超えた間接的な出会いは決して幻ではない、と魂で知っている。

私たちの周りには、あらゆる人、物、事との関係が蜘蛛の巣のように張り巡らされ、満ちあふれている。「赤い糸」「ソウルメイト」と親しまれてきた縁も、実際に出会う前から「見えないつながり」が存在することを暗に示すようだ。あなたの眼差しを待つ誰かがいる。

たとえ時代が違っても、同じ時代を生きながら直接会えずとも、それを悲観することはない。誰かとの、何かとの関係性から得られるものは、あなただけの宝物であり、二つの間にしか生まれないもの。私たちはたくさんのつながりの中に生きていて、世界は新たな出会いの予感に満ちている。過去に耳を澄ませ、身近なつながりを大切に育み、未来に心を傾けて生きる。うまくいかないことがあっても大丈夫。一人の静かな夜にも、月明かりの下、あなただけのつながりを感じられるはず。

​心の約束

2010年、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイジ・オザワ・松本フェスティバル)を訪れた。帰京の折に松本駅近くの古書店へ立ち寄ると小林秀雄の「本居宣長」を見つけた。簡単に読み切れずともまずは手元へ置こうとレジへ向かうと、私のささやかな心意気を優しく認めてくださった店主が、しばしの雑談にお付き合いくださった。小林秀雄と岡潔の対談本「人間の建設」の話題から、直接岡潔と交流のあったご友人様の貴重なお話を聞かせていただき、楽しいひと時を過ごした。読み易く、対話者の佇まいや雰囲気に触れられるのも対談本の面白さ特定の相手の限定的な視点にこそ晒されて際立つ真実の断片がある。私の想像に豊かな彩りを加えて下さった店主は、お店があるので、近くで開催される素晴らしいフェイスティバルにもなかなか足を運べないと仰っていた。

後日、お店を守りながら少しでも楽しんでいただけたなら、と自身のCDアルバムを店主へお送りした

それから、数日経ったある雨の日、私の手元に一冊の本が届いた。串田孫一の「青い幻」。店主がお礼に、とお贈りくださったのだ。雨音のなか読み耽った。深い森の奥。

それから、この宝を歌のなかで輝かせたいと、長く切に願っている。串田孫一氏のご長男で俳優/演出家の串田和美さんはまつもと市民芸術館の館長をお務めになっている。ここはセイジ・オザワ・フェスティバルの主要会場でもある。

Ravelから広がる世界

ラヴェル好きにはたまらない「そうとは知らずに観た映画でRAVELの曲が流れてきた」という現象。映画「Biutiful」にもそれはあった。美しい映像に、心深く強く意味を託すように流れた  "Concerto for Piano and Orchestra in G major, 2. Adagio assai1."  Bardemの素晴らしさ。監督の眼差し;誰かを真っすぐに想うとこんなにも鮮明で力強い画が作り出せるものか。最後のシーンの美しさは格別だった。

もう一つ、水声社のベルトランの詩集「夜のガスパール」をご紹介したい。ラヴェルがベルトランの詩に触れ、曲集「夜のガスパール」は生まれた。ラヴェルのなかに音の粒が噴水のように湧き出す。その瞬間を想い描くことのできる至極の一冊。

logo.jpg
​©2016 kisalagitomoka All Rights Reserved